Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

こんばんはーー

酔った勢いでぷよクロの強い積みについて書いていきます

間違った所があったら自己修正してください




理論とかそういう堅苦しい話って嫌いというか感情論理である場合が多いので論理という形はとらないんですけど

まぁまぁみんながそれを実践できてそれについて理解できるという体をなした話をしようかなぁって






まずぷよぷよにおいての確率の話なんですが(本当なら期待値まで掲示できればいいんですけどそこの知識が抜けてるので

例えばデビルハチイチがある場合にゾロ以外の有効ツモをひく確率って1/4なんですよね

結構少ない確率だと思いませんか?

じゃあここで何が役に立ってくるかというと、四手に一回以上の割合で無理ある手を打たないようにしようってことなんですよね

特定の色とゾロ以外おける手を置かないって考えると1/4でしかこないので、感覚で考えるなら1/3でも無理なく組めると思いますけど、目標形を決めてそれに倣って組んでいくってのは割りと段差ができやすくて難しいです

後ここで実践型について語るなら対応と本線の割合を考える時

対応に傾倒するとして一分一秒を争う場合を除いて一手も対応以外にリソースを割かないってのはその後に出来る形の無理を加味するとあまりいい手ではないとします

そうした時に対応と本線のバランスの取り方を数値で表して何が役に立つかっていうとやっぱりメジャーなハチイチの確率か先程述べた1/4だと思うんですよね

ぷよクロの場合ちぎりが他のぷよ以上に時間を取るのでちぎりをしないというのは最優先事項でもあります

じゃあハチイチが大事だよねって話の流れです

補足するとハチイチですけど当然ながら同じ色を必要としたハチイチ二つで待つより他の色を必要としているハチイチ二つで待ったほうが効率がいいです

引く確率自体は変わりませんが必要手数という観点から見ては損を被ることになります

まぁこんなものはどうにでもなるんですよ

所詮引かないとどうにでもならないレベルのハチイチを二つ必要としている場面以外ではなんとかなる場面も多いですからね(例えば連鎖尾の鶴亀でリカバリーとか




大体1/3で無理のある手を打っていいと仮定すると、三手ほどハチイチ待ちを保留してもいいってことになります(六手分で見て無理を一つに収められるのならその無理をそこに集約してもいいとします

本当に確率の学が抜けてるので確信を持って発言できないのが残念ですが感覚としてこれは間違ってないと思います

もちろんなんですけどぷよクロはちぎりのデメリットが大きいのでちぎり前提のハチイチは考慮しないと補足します

なので大体三手で完成する折り返しか+一手で確定する折り返しが一番効率がいいんじゃないかなぁと思います(gtr,横2,新gtrなど

だぁ積みはちぎりがどうしても多くなるので連鎖尾を無理なく組めて底上げL字を組めた場合以外に組む意味はないと思います

と考えると強い初手っていうのが中々限定されてくるんですよね

大体2×3か3×2のブロックで収束しているか1×4と縦置き2ブロックとか2×2と横置き2ブロックみたいな

そんな初手が強いです

ここが大前提

じゃあ次は折り返しってなった時に、平らになったところで組んでいくわけです。そう考えると2×3のブロックていうのは奇数が紛れ込んでいるわけですからどうしても邪魔になってくるんですよ

だから連鎖尾の方面にある程度自由の利く形が必要になります

これも良型にとっては必要条件

鶴亀を厭わずできる技術力も出来るならほしいかなってところです

ですからぷよクロでもし勝ちたいと思ってるなら上部や折り返し直後の形をあれこれするより土台部分の連鎖尾や折り返しのスムーズな移行を徹底的に見直したほうが効率は限りなく良いです






形については以上かな、出来る限り数値で意識するといいです

特定の色をひく確率を7/16と考えるとなるべく色々な方向性を保ったほうが後々1/16が効いてくるというのは直観的にもわかりやすい話ではないかな(もちろん一試合が16手以内に収まるならこの限りではありませんが





次は中盤形の話。

これもなぜだか原理は詳しく分かっていませんが単発が極端に強いです(特に初発

おそらく落下ボーナスが関係してるんでしょうけどね

これを意識するだけで全く勝率が変わります

単発しておじゃま一段半ふらせる(仮に相手が対応して二段振らせたとしても手数有利、受けたとしても手数&ちぎりの観点で有利

という考え方が出来ます

だからまずは単発を最優先することと常にとまではいわないが下を押すことを意識する

欲を言うならジョイスティックで操作すると縦横が同時に入れやすいので速さの観点から見てお得です(もちろん置きミスも増えますが

二色8連結でも1段以上ふるので相当考慮に値する勝ち筋です

単発を打つためには真ん中を空けるのが一番やりやすいです(単純に右と左の分離した単発が選択肢に加わるため

かといってこれが絶対的に強い形というわけでもないんですよね

相手に隙がある場合は中盤初期で単発+2ダブで潰しきれる展開もありますが中盤中期になるとまず無理です

試合展開的には中盤中期がぽっかり抜けて初期から後期へ移る形になります(ちょうどその時期が真ん中を空けて第二折り返しと多重の準備をするフェーズと重なります

中盤で最も大切なのはちぎり<形の将来性です

受けの広さも大切ですけど結局そんなものは一時的な対価でしかありません

例えばキーぷよのハチイチが来た場合それをキーぷよ運用してしまうのは将来性を捨ててます。

自分はよくやってしまいます~~~~その度に形の弱さに泣いてます

気をつけましょう

結構やってて思うのが他のぷよぷよより優先順位が大切だなぁというのと中盤における選択の重要性ってのが他のぷよよりも少ないなぁって感じです

ここだけの話形の観点からみて全体的なレベルは退化してるんじゃないかってくらいです

ほんとにちょっとした工夫だけで改善できるのでやらないほどもったいないなんてことはないなぁと思います

できるだけガイドラインみたいにかければいいなぁと思いましたがこれを読んだら実践できるのかというと微妙な感じになってしまいました

なので方向性の見定めに役立てばいいなと思ってます

がんばってください




スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。