Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

良い○○とは何だろうと思う

良いタイムだね~となったらそれは速ければ速いほどいいんだろうけど

良い作品だね~って言われてもどこがどう良いを決定づけているのか分からない





ただ趣味ながらいくつか譜面を作ってきて分かったことがあるのは、意欲作は結構感づかれやすい

どんなにパターンや要素をとりかえとりかえ組み立てても裏に見えた輪郭を消しきれないとワンパターンだの言われてしまう

人はそこまで細部まで見てはいないのだと思う

その理由として、生産者側から作品を見る人が少ない

自分もそうなんだけど、まず「これはそんなに面白いのか?」という視点から入って、あぁやっぱり、とかなんだこれ!?となるわけで

このなんだこれっていうのが結構大切だと思う

大切なだけなんだけども





主観的価値というものがあったとして、そうなるためにはどうしたらいいかというと普通を知っていることが大前提だと思う

芸人においても、いくら少し浮いた巧妙なボケを放り込んでも、その人が普通を知ってますよーというアピールをしておかないと、あの人は変わってるけど面白いなー止まりになる

ツッコミもそのためにいるのだと解釈している

しかしここの線引きが微妙に難しい

微妙に親近感を抱かせつつ、あぁやはりこれは一味ちがうなという印象を抱かせないといけない

我が道を行きすぎると半ば放置されてしまう典型例ではないかなと思う。いわば玄人受けみたいな

あぁこの人が言ったからこれは素晴らしいなーとか、第一印象に左右されるのはもちろんある

そこをなくそうとも思わないけどしかし真に良い作品とは何かを理解するには作品と向き合うこと自体が大切で

仮に自分が作品を作ったとしたら、それは到底一般的に理解することはできないと思う




こういう文章を書いてても後日見返すといまいちすっと入ってこない

おそらくその状態が一般的に理解するということだとおもう、それでも話の内容を知っているわけだから、なんだこれ!?の段階が飛んでしまう







最近良いなぁ~と思ったのは、響け!ユーフォニアムというアニメなんだけど

どうしていいのかなぁと考えた時に、まず内容がスッと入ってきやすい

入念に聞いたり見たりしないと面白くないのって結構あると思う

アマチュアにすごく多い

アマチュアとプロの違いって冷静な他人の意見を聞くチャンスがあるかどうかではないか



そして内容がすっと入ってきた上で作品の色々な部分がすごく凝っている

演出にはじまり演技も音響も劇伴も構成も

この凝ってるなぁーのところに行くまでの道のりはとてつもなく険しい

作品に説得力を持たせなければいけない

凝ってないプロの作品は少ないと思う

その上でこれが凝ってるなぁーと思えるのは、少なくとも表面の段階が自分の中に滞りなく入ってきているからではないかと






余談だけど最近向上心を持って何か趣味に没頭するということが無くなった

昔は何かにつけて見えない自分からの圧力でただ噎せながら考えてきてたけど

精神的な余裕というか、あぁ人ってこういうもんだし色々こんなもんだよなぁみたいな、箱庭的な理解をするようになってからというもの

ただ結果がよければいいやとも思うし、それが当たり前になってるせいで少し考えれば解かるようなことを見ても感心するようになってしまった






最近新しいことに触れる機会が多いので、そういった脳内麻薬的な刺激を受け続けたことも在ると思う

面白くないなぁと思ったら、面白いと思うような物事や喋りをしたいと思うし、それがどうしようもない平坦な状況を生み出しているんだともおもう

だけど人ってそんなに強く生きられるわけではない

圧力におびえて理想の自分に怯えながら考え続けていた頃が今思い返してよかったのかと言われるとそうでもないのだと思う

それを何かにつけてどっちが悪いどっちが良いみたいにしてるからおかしな話になるのだ

ここは良い、ここは悪い、この時はいい、今はしんどい

こんな感じで考え続けられたらそれは最高だと





人は結局変われても一時的だ

高いレベルにはいけるかもしれないけどベクトルは影響を受け続けなければそのうち戻る

人間的な付き合いの場で怒ったりイライラしたり負の感情を抱いては

これはあくまで持論だけど、意識してやっていることをやらない人がいると人は怒る

天然の人が計算高い人を見てもなんとも思わないのと同じで

やはり自分にもそれは起こる




でも結局長い期間で見ると、あれ?俺ってそんなに怒ることが変わってないのかも?なんて思ったりする

自分がやられて嫌なことはやらない。だからそれが自然になっていく、でも結局その行為をされると無性にイライラする。

自分の場合は「他人への過干渉」。

ある一定の時期を過ぎてからこれが無性に嫌いになった、いまやそれをしないことが自然の一部でも

やはりこれをやられるととても不愉快になる、だけどこれが嫌いになる前は自分でもやっていたのだ

これが嫌いになったきっかけは、自分の歪んだ情報の発信に対して、全うに怒った集団がいて

しかし全うに怒られたところまでは良かったけど、その後も当時の不満をあれやこれやとぶつけられてしまった。

これも平常時なら何とかなったけど、当時はひどく傷心だったから、そういうことを気にする余裕になかったし

運の悪いことに、傷心ゆえの行動に対して咎められてしまったのだ






結果その集団から離れた

一つめはいる意味がないと感じたからだ

二つめは離れないと変われるきっかけをつかめないから

自分の中で無意識的にその集団を悪者にすることでより良い自分に変わりたいと思った

その内でその人達はもう必要ないのである





これがどういうことを意味するかというと、自分はクズであるということなんだけど

結局クズになれなかったらどちらにも振り切れない

悪いと思ったことをしでかして、最大限に集団をかきまわしてしまったとしても自分がいやだなと思ったことを自分で変えるきっかけは、こうして人格否定まで起こらないと変わらない





何の話だっけ

良い作品の話か、もう何をはなしてたのかわけわからなくなってしまった



向上心における何が大事か!!みたいなものはたぶん情熱だと思う

情熱さえあれば向上心がなくてもいい(これは言い過ぎか)

例えば思い切り楽しみたい!! これはすごく良いと思う、こんなことを自然に思えないから





よく譜面を作ってるとこれは音楽に沿ってない なんてことを言われる

一般的にはそうかもしれない。でも自分は情熱を注ぎたい。

曲と譜面が全く同じことしか語らなかったら退屈だと思う、のっぺりと模写するだけだったら流れ作業でも出来る

でも情熱を注ぎ込むのは今しか出来ない、今を逃したら二度とその熱は戻ってこない

もちろん同じ熱さはいずれ帰ってくるかもしれないけどね

だからそれが疑問視されたとしてもそこは貫きたい。同じように思っている作品を評価したい。

これは間違いなく自分における良い作品の条件に入ると思う




また違う話になるけど、思い返してみるとぷよぷよも好きだから続けてただけで、上手くなりたいという気持ちはあまりなかった

好きこそものの上手なれということわざがある

自分は好きなものは誰よりも多くそのことについて知っていたいし考えてもいたいと思う

知っているだけじゃ不満だし不安なのだ

良く思うのが、特定のゲームを上手くなりたいなら別のゲームで上手くなろうとすることが大事だと

だから考えていなければいけない、好きだからこそ疑いたい

これは良いものだねー、だけで終わらせたくないのだ。むしろこれのここがダメだよなーといいたくなるまで煮詰めたい

作品でもそう。

その人達を心から愛して尊敬しているからこそ、その人達の理解まで歩み寄りたい





根本では変われないけど、人はそれでもいいと思う

皆が面白いと思う自分になったらつまらない

ある種妥協に似た敬愛は、いつでも情熱を与えてくれる

それを内在的な自分に置き換えた軋轢みたいなものこそが、良い作品の原動力なのではないかと
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.09.10 (Sun) | # | | 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017.12.16 (Sat) | # | | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。