FC2ブログ
Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1

中盤について

自分なりに整理

中盤のタイプはそれぞれあって、連携、合体、マルチ依存(主につかれた時によくでてくる)

最初は、相手の隙を見つつ潰していくのがいいんだろうと思っていたけど、レベルが上がるにつれて隙に見えるようでどこか他の場所でカバーされていることが多いと感じた



こういうのを思い浮かべるとわかりやすいとおもう

さすがにここまで露骨に構えられていたら隙があるとは思えないけど二手テンパイ(二手置けば積みが出来上がる)だと案外気づかないことが多かった・・・

まぁそんなこんなあって隙を潰す戦型は結構相手に甘える側面もあって、継続的に戦う上では完全に腕が上だという前提があるんだなぁとしみじみ認識した

だから一周回って(回ったのは自分だけだろうけど)速度が非常に大事なんだなぁと思った

相手の隙を潰すのにも、対応を用意するのにも、相手の中盤に対応するのにもつまるところ速度が必要であって

速度を極めた上でその土俵をあがるべきなんだろうなぁ みたいな印象を受けました

ただまぁそれも相性なので要するに自分はこういう戦型なんだ!というのは決め付けないほうがいいことなんだろうなぁ

よく自分が思うのは、形を定形化する、というのはよく見るけども 判断を定型化するというのはあまりみないなぁと思って

この場面で相手がこう構えていたらこのように進行させていく みたいな定型化もするべきなんでしょうけど

現時点では出来ないので今後試しにやってみてそこでの使用感も記事にて書き連ねてみようかなぁと思っております。




最近使っていた戦型は、相手の形の良さを殺すタイプで

結論から言ってしまえば相手に甘えてただけなんですが

考え方自体は汎用性があると思う。

例えばこんな形、隙はないけど隙はあるんですよ



この場面で永遠に止まっているなら確かに強いけど どんな形でも次の選択をしないといけないので、結果的に相手はニダブを打つか、縦3を抱えながら本線を組むかの二択になります。

その時にこちらが例えばこんな風に三ダブを構えていたら



こちらからは仕掛けられないけど相手は保留せざるを得ない みたいな考え方です

この例では相手の形がそこまで悪くないので説明下手なんですけど相手の形を苦しくさせて連携に持ち込むことと

あと合体を分断するという狙いも含んでいます



こういう形で合体させると結構めんどくさいことになるので、形が飽和しきってどういう手を切るんだーーーみたいなくじ引きゲーになるよりかはすすんで崩すようにしてました

これはこれで攻め崩しやすくなるので狙いとしては悪くないと思うんですよ

つぶしの前に相手の形の良さを殺すつぶしを混ぜていく感覚です。

なんか持論としてはぷよぷよの中盤って潰せるかどうか、のような中盤もあれば微有利or五分だけどこの先の展開を考えてやりとりをしていく みたいな側面も多少ながらにはあるのかなーと思っています。




が!!!!!!!!!!!

今日戦ったんですよ 合体タイプではない、折り返しで多重を編みこんでマルチだキーぷよ外しだーーみたいなタイプです

隙を潰そうにも形が一箇所に集中してるため分断しようがない!!!どうすればいいんだ!!となりました




こんな感じです

それまで隙を潰していたら勝てたものと違って非常にやり辛いし結果的に負けました。

相性もありましたがそれを加味しても負けるべくして負けたんですけども。

まぁそれはそれとして、大前提として強い本筋があって(マルチ重視、多重編みこみなどなど)その上で小細工を組み込んでいったほうがいいんだろうなーといった結論に至りました

自分は基本的に相手に合わせて積むんですが、言ってしまえば小細工でしか戦ってないわけで そうなると本筋を持っている相手に中々勝てなくなってくるんですよねー

だから次やる時は、自分なりに本筋を持ってみて、その上で相手に合わせた小細工を組み込んでいくよう意識してみます。





こういうゲームって基本的に本筋を持ってそれを使い分けるようにしたほうが良いと思うので、色々やってみて その都度つらつらと使用感とどういうことを意識したのかを書いていこうかなと思います

それにともなって土台とかも研究していきたいなーとも思ってますので

分かるように書くつもりですが最低限自分が分かるようにしか書けないので、わからないことがあったら言ってくださいね~
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。