FC2ブログ
Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9

自分の世界の中で出来ないことがあったとして

そこで好きになるべきなのは

不可能と出来る自分なのかなぁ?と最近はおもってます





自分は目的を持つことに向いてないので(そもそも向いている人がいるのかは分かりませんが

なるべく今を見るようにしていて

目的を持った時の助走距離はイコール考えてない時間になりやすいんですよね

まーたまに考えから外れて現実的に悦楽に浸りたいとかならそういった一面的な考え方もありとは思うんですけど

それに実践においては難しいことを考えるより今できることを考えたほうが楽しいですしね





才能やらセンスやらそういった抽象的な言葉もまぁ確かに処理速度やらそういった脳のスペック差などといったところでは確かにあるとは思うんですけど

本当に大切なのは集中力で、集中力は認識主義の根幹をなしてるんじゃないかなーとも思います





自分の場合は常日頃からもっと頭がよかったらなぁとか、芸術的な才能があったらなぁとか考えたりしているんですが

そういったものが全くもって無駄なのかというとそうではないと思います

出来ない身の上で仮に出来た時のことを考えることはつまりそのものの価値を自分を物差しにして知るからです

そしてそれはなにかで代用できないのかということを考えるのもいいと思うんですよ

自分は天才と呼ばれる人ほど頭のスペックがよくないので論理解釈をして感覚を凌駕するためには何度も何度も噛み砕いたり

自分の世界を使って行動したりしていて

そういった代用案というのはそこに絶対的に甘えるのであれば不健全ですけど、何を齎すかということを考えるのはとてもいいことだと思うんです

だからいつまでも誠実でありたいし、それが自分の最もいい形だとも思うんです








そこで一つ思ったことが

目的を恨むことに気づいて以来

目的を持たないのならどこに向かえばいいんだ?といったことがありまして

何事にも活力が必要だから(無論集中力を行使するためにも)

その開いた空間は自分が生き抜くこと自体に焦点をあてればいいのかなぁ?とも思ってたんですが

いまいちしっくりこなくて

一つの案として出たのは、手段を複数持つこと

それも自分の根幹となる部分を変えて、です







一度、感覚のみで生きてきて

人が見えないものが見えるのはいいけど、人に容易く見えるものが全く見えないといったことに悩む時期があって

では論理的な解釈を学べばいいんじゃないか?となったはいいものの

論理的といっても短絡的な解決思考も甚だしかったので案の定平凡な感じで堕落して

これは自分として生きる意味がなくないか?なんて思っていて







要は、人と違う世界、音に色が見えたり、数式を自明の理で解けてしまうような世界で生きていない限り論理解釈のみで

自分の満足のいくように生き抜くのは不可能で

効率化は人格の簡素化を促進させるのかなぁなんて思ったりして







性格で永続的に幸福に生きないのは不可能だけど、自分の世界で幸福に生き抜くのは可能だなーと思って

ただまぁそれも現実的な処理や行動に関してある程度の価値基準を置いてそれを上回ることも前提として置いてるのですが

それでも生きないよりはましだなーと思って












たぶん目的に対して生き抜く限りなく広い時間は

情熱的に生きるには広すぎるんではないかなー

だからまず手段に好意を示して

好きであるが故に厳しくして、包容的な身の持ち方をすればいいんでないでしょうか










考えを心の中にしまって温めて

それが思いもよらぬ形で膨らんで

いつか才能として自分の前に現れたなら儲けものですしね

その好機を逃さないためにも誠実さと集中力は大切なんじゃないでしょうか。知らないけど







だから不可能を愛して、出来る自分を愛して、目的を恨めばいいんじゃないでしょうか

スポンサーサイト

8

長らく勘違いしていたみたいで

考える事を楽しみたいと思ってたんですけど

どうやら自分の中での哲学の位置付けというのはそもそも

劣悪な感情を好むものというか

劣等感や恐怖に晒されないと盲目的な考えになっていて

それがどちらにせよ自分の怠惰的な日常に深く根ざしているのだろうなといった

仮定はしてみています





狂喜も充足感も多幸感も

日常の灰色をいかにもあらわしたような

幾重にも定点としているんだろうといった

動的に見えてあまり動的ではないというか






あるありふれた作品の中で

歓びを表現する際

笑顔しきりに動的な衝動を用いて

あたかもこれが幸せな感情だという演出を見てしまったけど

それは確かに幸せではあるけれど

灰色に溶け込む初めの関門であることには

長らく気づいていませんでした





そういった中で多幸感を感じて

幸せは日常の中にあるもので

多色的な感情の渦巻く

不安定な場所にはあまり存在しない

それを得た瞬間に灰色に戻ってしまうんだろうと今は怯えてて






私は

一人の世界では生きて行けない

大多数の人がそうであるように

それをして何が才能だといった

劣等感にもにたその中にある高揚こそが

自分が追い求めていたものであって






でも何故かその劣等感は

眠る度に逃げてしまう

激しい胃の痛みや喉の渇きに

ようやく恐らくこの感情に戻ってこれたと喜んで

しかし逃げてしまう






自分には何一つ自分の世界が見えていないから

劣等感を引き出してくれるような

そんな世界や人が必要でした

それも静的な世界ではなく

自分の考えが届かない遥か先の混沌な多色の中で





静的な他人の世界を掴みかけては

これが人間的であるものかと掌握して

掴んだ事象には目もくれずに

きっとおそらく

限定的な言葉にいつまでも惑わされて

惑わされて知らぬ間に灰色へ





私の心と肌は

いつの間にか幸福的な兆候を読み取って

そしてそれを体現していて






とても相対的な考え方でして

飢餓的な自己崩壊もおそらくは

私の境界ではないんだろうというか

ただただ世界を比較したいわけではなくて

ではそういった価値基準で死に切らないのであるならば

一体何のために自分の世界を作り上げ

歪みを呼吸する意味はあるのだろうかと






ただただ凡人で

何の世界も見えずに

ただあがいているだけの私に

閉鎖的な世界で生きることは不可能です





精神的な死と隣合わせな事に半ば喜びつつも

いつ灰色に飲まれるのか

多色的な世界の住人になれる日はくるのでしょうか





7

こんにちは!

今回は対人の基礎についてのおさらいを!






勝ちを目指していく過程の中で

何に重きを置くかどういった勝ち筋を見切るかということに焦点を向ける前に

何をすれば勝ちに近づくのかということを見きった上で

その手や戦略はどういったリスクや有利不利のやりとりがなされるのかを直感でもいいから把握しておく必要があるとおもう

例えばぷよでいうならニダブ三ダブなどの連携は相手のやりたいことをさせずに潰せる有利をとれるけど

ぷよを使いすぎるから受けられた時や精神的なもの、盤面とは関係ないものが要因で追い打ちのタイミングを見失うと途端に不利になる

そういった有利不利を深く考えなくてもいいから

ただ感覚でこういうことを考えようと思うことが大切だとおもう






ゲームに限らず感覚派というのは多くの誤解を伴っていると思う

自分は結構感覚寄りかなーという自己評価をしているんだけど

感覚を武器とすることはイコール考えないということではない

最低限こういった技術はこの考え方を、あの技術にはあの考え方をといった

感覚を場面ごとに当てはめて、適材適所というか、自分を経営してあげることが大事だ





何故こんなことを思うかというと、最近手段には目的があるという前提をすっ飛ばして考えてしまうことがあるからであって

例えば何故読み合いをするのかといえば、自分の盤面と相手の盤面を見比べて何か決め手となる欠陥、武器が双方にない、あるいは有している場合に発生するわけで

だからこそ牽制という手段が生まれてくる

その過程を飛ばしてしまうと、勝つことよりもこれは刺さらないと精神的な影響を受けた判断が頭の中をちらついてしまう

判断はするよりもしない方が容易であって、耳伝いに聞いた話だけど人は安定した空間、技術を好む傾向があるらしい

事実自分もそれには凄く共感できるし、そもそも勝ちに中途半端で勝負に真摯になれない(勿論ふざけているというわけではない)
こともあって

牽制は発生し続けて判断を引き出すものではなく判断をせずに安定した技術へと移行できるものとして運用してしまう

そういったことがあった





他にはこういうことがあった

まず勝ちを目指すことにおいて大切なことは、絶対的に強い択を持つこと

そしてその次に、それを理解している人のみに読み合いを押し付けること

読み合いは大きく分けて2つだと思う

その択を実行するか、しないかがあって

だからこそ読み合いは相手の択を理解していると途端に次元が高くなる

そうなると突き詰めた対人の理想型は相手の隙を見切るか読み合いが発生していると仮定して択を実行せずかつ牽制を混ぜて読み合いの要素を増やしていくか

この牽制を混ぜて読み合いの要素を増やしていく試合が

牽制をしながら相手のミスを待つ試合と勘違いしやすいのが

手段を目的として捉えられない一番の原因ではないかなーと思う






選択肢を切る時、その選択肢はできるだけ質が高いほうがいい

その選択肢を切る時、何を目的として動くのか

勝ちか、形勢有利かどちらでもいい

相手に焦点をあててこそ読みは発生し、相対的な勝利が手に入る

そういったものが仕上がった上で次の段階に進む





感覚と読みをあわせることだ

感覚と理論は合わせてこそ強さを増すと思う

思考ルーチンを組む際は必要最低限、基本だけで構成する

そうしないと選択肢の一つが自分の感覚そのものになってしまって

自分の性格やものの見方を経験として捉えられずいかにそれらが現環境やその試合でのメタに合っているかという話になってしまう






S級の感想についてはところどころしかみていないので後日気が向いたら全編見て色々とああだこうだ適当言います
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。